レーシックの基礎知識を身につけよう

 

メガネやコンタクトレンズに頼らずに視力を回復する方法として、最近注目を集めているのがレーシック。何も器具をつけずにいられるというのは、視力が悪い人にとっては夢のような話です!

でも興味があっても不安がある人はたくさんいるのではないですか?お金はどのくらいかかるのか、手術は怖くないか、後遺症のリスクはないのか、などなど・・・。

そんな方のために、レーシックについての基礎知識をまとめましたので、読んでみてください!

レーシックとはまずはレーシックとは何なのか見てみましょう。レーシックはそもそも英語でLASIKと綴ります。Laser(-assisted) in Situ Keratomileusis、つまりレーザーを眼球に照射して、角膜を彫って整形すること、というのが本来の意味です。近視の人は角膜での屈折がうまくいかず、像を網膜に合わせることができないために遠くを見ることができません。

レーシック手術ではレーザー照射によって角膜をうまく削り、屈折具合を変えることによって遠くのものを見えるようにすることができます。90年代から行われるようになり、今ではかなり普及した手術となっています。

手術の手順具体的に手術はどのように行われるかを解説していきます。

・まず、コンタクトレンズを使用している場合、ハードコンタクトレンズなら一週間前、ソフトなら三日前から裸眼にしておく必要があります。これは、コンタクトレンズによって眼球の形に癖ができているままでは、角膜の削り具合がうまくいかないことがあるからです。

・手術前には各種の検査、診察、相談などが行われます。場合によってはレーシックを受けられない体質である可能性もあるのです。

・手術は、検査を受けたその日にすぐできる場合が多いようです。あらかじめ眼薬で瞳孔を開けさせた状態で始まります。麻酔の効いた状態でまずはレーザー機器、あるいは眼球用カンナであるマイクロケラトームで角膜の表面を蓋状に(フラップという)切り開き、角膜の実質層をレーザーで削ります。

あとはフラップを閉め、点眼消毒をしたら手術は終わり。手術自体は15分程度で済みます。

・それ以降定期的に検査をして異常がないか確かめます。これが一般的なレーシックの基礎知識です。なんとなくイメージできたでしょうか?

none