レーシックの選び方について学びましょう

 

一言にレーシックと言っても、調べてみると術式、プランがたくさんあってどう選べばいいのかは難しいところです。

有名なクリニックのホームページを見てみると、違いがよくわからないプランがずらりと並んでいて、値段以外の判断基準がはっきりしないという人が多いのではないでしょうか?そんな人はまず、フラップを作る機械と、屈折矯正をするエキシマレーザーの種類を把握しておきましょう。

この二つがわかるだけでかなり分かりやすくなると思いますよ!

フラップを作る機械角膜の表面を蓋状に切り開く、つまりフラップを作る機械には大きく分けて二種類あります。一つは、マイクロケラトーム。これはカンナのようなもので、角膜の表面を薄くスライスしてフラップを作ります。

従来はこちらが主流だったようですが、今はあまり使われることはないようです。

今主流の物は、フェムトセカンドレーザーというものです。このレーザーで角膜表面を切り開いてフラップを作ります。

こちらの機械だとフラップを薄く厚みを一定に保ちながら作ることができ、以前より乱視、ゆがみを抑え、後遺症、合併症の発生率を下げることもできます。よって、フラップを作る機械に関しては、実質このフェムトセカンドレーザーの性能について見ていけばいいことになります。

国内ではジーマー社とAMO社のものが主に使われていますので、両社のものを比較すればいいのではないでしょうか。

エキシマレーザーフラップを作成してから、その内側にある角膜実質層を削り、実際に角膜の屈折率を変える機械がエキシマレーザーです。

このエキシマレーザーに関してはかなり技術が進んでおり、性能については各製品ともあまり違いは無いとも言われています。ただ強度の近視の方は少し注意した方が良いかもしれません。収差(目のゆがみ)をかなり抑えることのできるタイプのエキシマレーザーの中には、強度の近視の方への手術の場合に制度が落ちる可能性があります。

勿論そのような方の場合はその方にあった手術の仕方を医師にすすめてもらえるとは思いますが、一応念頭には置いておきましょう。