レーシックを受けるクリニックの選び方

 

レーシックの手術を受けられるところは、東京、大阪などの大都市であればいくつかありますが、どこで受けたら良いかはよく考えなければいけません。あまり考えもせずに手術を受けて、何か不都合なことが起こっては大変です。

どのような基準でクリニックを選べば良いかを考えてみましょう。

眼科専門医かどうか日本眼科学会のガイドラインには、レーシックをはじめとする屈折矯正手術は眼科医であることが必須である、と明記されています。

しかしこれには法的拘束力がなく、実際には眼科の専門医でない医師がレーシックを行っている場合もあります。

もちろん眼科医でない医師が全てレーシック手術にあまり長けていないとは言いませんが、基本的には眼科医は眼の専門家なので、安心でしょう。ガイドラインにも書いてあるほどのことなので、その方が良いことは明白です。あなたの担当の医師が眼科医かどうかは少し意識した方が良いかもしれませんね。

症例数について基本的に、症例数の多い医師ほど技術は高いと言えます。様々なデータから、手術数の多い医師は失敗が少ないということがわかっているのです。

手術に万全を期すのならば、なるべく症例数を多くこなしている医師にかかるのがいいでしょう。ただし、医師を指名できるクリニックとそうでないクリニックとがあるので、そこは注意すべきところです。

インフォームドコンセントインフォームドコンセントとは、医師が患者に治療の内容をしっかりと知らせ、患者の同意を得るということです。

このインフォームドコンセントがしっかりしているかどうかというのは重要なポイントとなってきます。効率を優先するあまりにここが疎かになってしまうと患者の安心感は得られませんし、何か失敗が起る確率も高くなります。

手術を行う前の検査、相談のときに、自分が気になることを全て聞いて、それに対してちゃんと答えてくれるかどうかを見る必要はあるでしょう。

できれば二つ以上のクリニックに相談して比較した方が無難です。