自分に合うレーシックを選ぼう

 

最近よく耳にするレーシックという言葉ですが、実はレーシックにもいくつか種類があるのです。

一般的なレーシック手術が合わない体質の方にでも合う可能性のある手術というものがあります。これらの方法も選択肢に入れて、検討していくのが良いのではないでしょうか?

遠視の矯正レーシックは近視を治療する手術だという認識は多くの人に持たれています。しかし、実はレーシックで遠視も治療できるのです!角膜実質層の削り方を近視の方の場合とは変えて、近くにもピントが合うようにします。しかし、遠視を矯正する場合は近視を矯正する時よりも手術の難易度が高くなるので注意が必要です。さらに、ハロ・グレア(暗い所で光が滲んで見える現象)を感じやすくなる傾向があります。手術を行っているクリニックも限られてきますので、受ける場合は調べておきましょう。

ラゼックラゼックは、レーシック手術の一種と考えることができます。一般的なレーシックとの違いは、フラップ(角膜表面に形成される蓋)を形成する際にアルコールを使用する点です。

これによりフラップをより薄くすることができ、その後自然にはがれおちて再生させることができるので、角膜の厚さが不足している人、激しいスポーツをしてフラップがずれる可能性のある人に適しています。

エピレーシックこれもレーシックの一種と言えます。違いはフラップ形成時にエピケラトームという、マイクロケラトームに似たカンナのような機械を使う点と、手術後に治療用のコンタクトレンズを装着する点です。利点はラゼック同様、角膜表面を削る量が少ないことと、激しい衝撃に強いこと。

ラゼックとエピレーシックのどちらがいいかは体質によって違うので、そこはちゃんと医師に相談しましょう。ただ一般的にはラゼックの方がエピレーシックよりも適用範囲が広く、多くの人が受けられる可能性が高いようです。

ラゼックとレーシックに共通する欠点として、術後に痛みや眩しさを感じる期間が長い、ということが言えます。この点は少し覚悟しておいた方がいいかもしれませんね。